RSS

iOSアプリでスプラッシュ画面の表示時間を調整したい

23 10月

iOSアプリのお話。

iOSのスプラッシュ画面を表示するのは簡単に出来たけど、
表示が一瞬で終わっちゃうので大事な企業ロゴが見えないよー、という時があります。

そもそもスプラッシュ画面って何秒くらい表示してるんですかね。
アプリ起動の処理が終わるまでの間、って認識なんで、
アプリを起動するときにやってる処理がそんなになければ確かに一瞬でスプラッシュ画面が消えちゃいます。

開発中のデバッグしてる時はログ吐かせたりごにょごにょしてるから
表示時間が短いなーとか気にしてませんでしたが、
リリースビルドで余計な処理がなくなったものを人様に触ってもらってると気になることもあるようです。

で、表示時間を長くしたい短くしたい時は

application:didFinishLaunchingWithOptions
で起動のスレッドを待たせて上げると時間調整出来ます。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
	// もげもげほげほげ
	(〜略)

    // 1秒だけスレッドに待ってもらう
    [NSThread sleepForTimeInterval:1.0];
    // もしくはsleep(1);
	
    return YES;
}

こんな感じ。

案外簡単ですね。
ってか起動処理で時間がかかれば良いからそりゃそうか。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2014/10/23 投稿先 Cocos2d-x, iOS, Objective-C

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。